kigyou1.jpg

目次
1・超・起業法の概要とは

2・初心者でも出来る、超・起業法

3・超・起業法の必要経費は?

4・超・起業法の時間は?

5・超・起業法のコンプライアンス

6・超・起業法の効果は?

7・TOPページ



新規起業家向けサービス



ビジネス・コンサルティング及び「ユナイテッドオフィス」のブランド名でバーチャルオフィス(サー
ビスオフィス)事業を展開する株式会社ユナイテッドコンサルティングファームはこのたび、主に40歳
以上で様々な知識・経験を有する方の独立・起業を支援する会員組織『UCFキャリア倶楽部』を発足
、会員募集を開始いたします。

「ユナイテッドオフィス」には、2008年4月1日時点で126組(法人、個人事業)の会員様が入会しており
、同オフィスを拠点として、コンサルティング業を中心に様々なビジネスを展開していますが、既存会
員様の中には、主に40歳以上で高いレベルの知識・経験をお持ちの方が多数在籍しています。

当オフィスでは、こうした高いスキルをお持ちの方を「キャリア会員」として位置づけるとともに、同
様に高いスキルをお持ちの方を新規に募り、会員相互の交流を深め、蓄積された知識や経験を社会に還
元することで新たなビジネスを創出すべく、『UCFキャリア倶楽部』を発足する運びとなりました。


起業家を目指す方や、将来的には起業したいと考えて見える方には敷居の低いものとなっているようで
す。興味がある方は一度ご覧になってみては如何でしょうか?

バーチャルオフィスとは

住所、電話(転送電話、電話秘書代行等含む)、会議室・ミーティングスペース、共用のOA機器(コ
ピー・FAX機など)といった「オフィス機能」を、必要なときに必要な部分のみ提供するサービスの
ことを言います。

一般の賃貸オフィスとは異なり、高額の保証金や、OA機器等にかかる初期投資が不要となることから
、低コストで都心の一等地にオフィスを持つことが可能となります。

現在、ユナイテッドオフィスでは、新規に起業した方、専門士業の方、地方企業の東京オフィスとして
利用される企業様、各種団体の事務所として利用される方などが入会されています。

新たに起業したいけれど、資金的に難しい、都心には住んでいない、などの環境の方にもこのバーチャ
ルオフィスなら、自分のオフィスを出す事が可能となりますので検討してみる価値はあるのではないで
しょうか。

超・起業法の効果は?

超・起業法を勉強する事により、経営者的な考え方がわかってきます。

そうすると、使われる側から使う側えの発想の転換を図る事が出来ますので、今まで自分が考えた事がないようなアイデアも浮かんでくるのではないでしょうか?

どうしても、使う側の人間と、使われる側の人間ではおのずと考え方、物の見方が違うのは当然で両者の考え方や見方を知る事により、より深く物事を見る目を養う事も出来ますので、そのような意味合いにおいても価値があると考えます。

私自身もこのマニュアルを読んで多くの気づきを頂きましたし、なるほどな〜と言う点も多々ありましたので、きっとあなたも多くの気づきを得る事が出来るものと信じています。

このマニュアルは、起業する上でのバイブル的な要素を数多く持っていますので、将来に向かっての良き辞書となって壁にぶつかった時などには、きっとお役に立つものと思います。

多くの情報が氾濫する現社会の中で、本物を見つけることの難しさを実感している今日この頃です。

自分の見る目を養う努力も必要です。



もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:起業法

起業のコンプライアンス

個人の価値観だけで合法・非合法を決める事はできません。

当然ですが。一般社会通念に基づいた価値観が必要でそのような意味では、一切非合法な事は紹介されていませんし、道徳観に基づいて紹介されていますので安心です。

ネットの世界もリアルの世界も同じことが言えると思いますが、非合法な商売をされている方も決して少なくありません。

もっと酷いのは、まるっきるサギと知りつつ行って見える方もおられますので、やはり人に後ろ指を差される事のないまっとうなビジネスがしたいものだと考えています。

それには、常識・非常識を良く理解し、更には規約なども守る事により人に喜ばれ、また、感謝されるようなビジネスでなければいけません。

そのような事を常日頃から心がけ取組みたいと私自身も考えています。

昨今、企業倫理の乱れをよく目にしますが、人の振り見て輪が振り直せという精神が必要ではないかと考えます。



もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:起業法

起業するための時間は?

時間の配分は個人差によって大きく違ってきますし、今までの自分のスキルによっても大きく変わってきますので一概には言えません。

ですが、一つ一つしっかりと噛み砕いて自分のものにすることがもっとも大切な事ですので、焦らずマイペースで進まれた方が、結果近道になると考えます。

ですから、スローペースでも良いので継続する事が大切だと考えますし、続けなければ何も生む事は出来ません。

私もこの超・起業法のマニュアルに目を通してみましたが、120ページ余りびっしりと内容が濃く書き込まれていますので、一つ一つ理解しながら読み進めてゆくと、なるほどな〜というような気づきを多く与えていただきました。

一度は一通り最後まで読み進み、改めて重要と思われる箇所にフォーカスして理解を深めて行くことが早く身に付くコツではないかと思います。

誰でも知らないことはあります。

知る事により新たな発想やアイデアが生まれてきます。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:起業法

起業するための必要経費は?

超・起業法の費用に関しては個人の価値観によって変化しますが、誰でも安いに越した事はありませんね。

でも、安物買いの銭失いになっては何にもなりませんので、果たして今の自分に必要か?を自身に問うて見るべきだと思います。

折角購入しても、ロクさま読まず時間がないと自分に対して言い訳をして、ノウハウ・コレクターになるだけならもったいない話ですので、そのような事にならないように充分吟味する必要があると思います。

良く煽るような広告やメルマガを目にしますが、時間限定・日時限定の煽りに惑わされる事なく、しっかりと自分にとって必要かそうでないかを客観的に判断する事が大切です。

物事を冷静に見る目をはぐくむ事も大切です。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:起業法

初心者でも出来る、超・起業法

超・起業法マニュアルは超の文字がつくほどの初心者でも理解できるよう、噛み砕いて解説されていますので、ご自分のペースでコツコツと進めることによって成果へと結びついてゆく事でしょう。

ネットビジネスの種類も多くありどれが良いのか解らないと思いますが、多くのビジネスモデルを取り上げ解説されていますので、な〜るほと!と気づきを与えてくれるようなヒントも網羅されていますので、自分の好みや得意分野を見つけることが出来るでしょう。

ネットビジネスの長所の中でもっとも大きいのは、やはり、初期投資が非常に少なくすむ事でしょう。

若しくは、無料で始める事も可能です。

ですから、金銭的なリスクは低いので後は自分の労力(時間)だけが必要なだけです。(やる気が大切)

自分の空き時間をうまく使えば、暇つぶしにもなりなお且つ知らないことも勉強できると言う、まさに一石二鳥の効果がありますし、もし失敗しても失うものは使った時間だけと少なくてすみます。

何かに挑戦したいと少しでも考えているのであれば、試す価値は充分にあるものと考えます。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:起業法

超・起業法の概要とは

個人が起業するという事はなかなか大変な事と考えがちですが、、実は以外と簡単に起業する事が出来るんです。

でも、起業と言っても何をやったら良いのか解らず、ただ漠然と出来たらいいな〜と考えて見える方も多いのではないでしょうか?

サラリーマン生活に疲れ、人間関係に疲れ、上下の関係に疲れ、など、さまざまな要因が考えられますが、自分の好きな時間に好きなだけ仕事が出来、そんな生活でも経済的な自由を得る事が出来れば幸せと誰もが感じるのではないですか?

以上のような不満は誰にでもあると思いますが、いざ、現実の時に戻ってみるとそんな勇気は自分にはないし、特技もない、器もない、とないないづくしで、諦めてしまっているのが現状ではないでしょうか。

このマニュアルは、個人が起業して経営者になるための考え方から入り、ビジネスモデルの戦略や構築法が第一章で語られています。

次に、第二章はマーケティング・リサーチでの戦術や、売れる商品の作り方を学びます。

最終章の第三章はマーケティング・プロモーションの戦術や広告宣伝及び商品の上手な売り方を学ぶように構成されています。

今回紹介されている企業法はネットビジネスに限らず、リアルビジネスも相通づる内容をレクチャーされていますので、経営者的な考え方や行動パターンを学ぶ事が出来る仕組みとなっています。

勤め人の方でも経営者の方でも今まで自分の知らない世界を体験する事が出来る為、きっと新しい世界を知ることになるでしょう。

行動しないと何事も始まりません!



もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:起業法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。